2014年9月29日月曜日

なんておいしいパンなんでしょう! 「パーラー江古田」

それは、江古田の武蔵野音大に向かう通り沿いにありました。
私鉄沿線って感じの庶民的な、クルマの離合は難しいくらいの小さな商店街の路地。
でも、そんななかにバイオリン修理やらライブハウスやら、
とってもおもしろそうなお店がポツポツと隠れていて、さすが芸術の街です。
Bobがぜひ行ってみたいと力説するその店は
ぼうっとしていたら通り過ぎて気づかなかったかもしれないくらい。
その石畳の路地のなかに、ひっそり静かに溶け込んでいました。
でも、よ~~く見ると
古ぼけた感じでも、レンガ色の屋根や
白い壁にはめこまれたような飾りのない木枠の窓とドア。
朽ちかけたベンチとともに
なんだかとっても小粋です。
そして、ちょっとみるとわからなかったのですが、
パーラー江古田、やはりとっても人気なお店なのですね。
お客はひっきりなしに出入りしてるし、
そのほかに、中でできたてのパンをいただこうと、
外に数組の人たちがじっと待っています。
わたしたちももちろん今日はその仲間。

約15分後、名前を呼ばれて中に入ると
外の静かな雰囲気とうってかわって店内は人がぎっしりですごい活気!
席がとっても少ないから、ここで持ち帰りを頼む人も多いのです。
↑一応、人がいないときの店内のレイアウトはこうなっています

ドア付近にかわいい二人掛けのテーブルと、奥に4人くらい座れるカウンター。
カウンターの手前の場所にパンがぎっしり並んでいます。
狭いスペースなのですが、
ハードな感じに中にナッツやドライフルーツがずっしり入っていそうなのや
キッシュにタルト、ブリオッシュにカンパーニュ・・・もう目移りしそう。
ラッキーにも、お店全体とカウンターのなかも見渡せるカウンター席がふたつあいたので
そこでスタッフにいろいろ聞きながらパンを堪能することができました。

Bobはパン盛りセット、わたしはトーストセット
これでこちらのさまざまなパンを少しずついろいろ試せそう。

一応バターとかつけていただいていますが、まったくいりません。

ゴマのパンなんて、ゴマの含まれている割合がハンパない。
こういう思い切ったの、わたし大好き!
イチジクとクルミのコンプレ、レーズンとクルミのカンパーニュ、それから・・・
あ~、パンだけで、かみしめるだけで、こんなにおいしいなんて。

軽井沢に行くたび何度もわたしのブログに登場してもらっているほどお気に入りの
軽井沢のおいしいパン屋さん haluta (←クリックください)
でも、食べたい!ハイ行きましょう、の距離ではないのが残念なのです。
だから
パンもお店も(電話が黒電話なのもピッタリ)ぐぐっと味のある、こんなところが都内にあってよかった。

けどあと1歩、もう少し豊洲に近いところに来ていただけません?
・・・・な~~んちゃって、
遅ればせながら、わたしもファンのひとりに加えてくださいまし。


         (もっと詳しいお店の情報はどうぞ こちら をご覧ください。)
                                                            ↑クリックください





おいでいただきありがとうございました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
❤ポチリポチリとお願いいたします❤

0 件のコメント:

コメントを投稿