2012年2月29日水曜日

突然の大雪


もう1回くらい降るかなあといっていたら、なんとまたまた関東圏大雪です。
なんとRyuは昨日から、いちばん積もっていると思われる富士五湖にテニス合宿!
こりゃテニスどころじゃないね。
明日からは気温がグ~ンと上がるそうですが・・・。


2012年2月25日土曜日

ヨーキー・レオ、5歳になりました!

愛犬レオちゃんも今日で5歳を迎えました。
元気いっぱい、表情豊かな我が家のアイドル、レオ、お誕生日おめでとう!!






君がいてくれてうれしいな。



2012年2月24日金曜日

お気に入りの場所・ぺしゃわーる

家族でいちばん気に入っている日本橋のバー ぺしゃわーる
すてきなマダム、スタッフのかたたちとの楽しい語らいと季節を大事にしたカクテルで夜が更けてゆく。 琥珀色の透明感を感じる落ち着く場所。

今日はささやかながらBob、Ryuと三人で、マダムのお誕生祝いを持参したのでありました。

丸の内のオイスターバー



やっぱり牡蠣っておいしい。
ジャックポット、牡蠣のバリエーションが豊富で店員さんもよく気づいてくれるし、ナイスです。

2012年2月22日水曜日

怪しい人影

月2回夜に、ゴスペルの練習があり、たいてい代々木のオリンピックセンターになります。

今日は向かう途中にびっくり2件。

代々木公園駅の改札横の上エレベーターに乗っていたら閉まろうとするドアを開けて、息をきらした男の子が入ってきて、すっごい大きな声で、「すいませ~ん!」
大きな目をクリクリさせて、乗ってからも 

「あはは~!これセーフでしたよね~~~!」
・・・なんかでっかい声で嬉しそうにひとりで何かずっと話してる。
ちょっとしぐさも変わってて、たいてい少し相手するワタシでもこのときはなんか引いてしまってました。

さかなくんっているけど、あんな感じのしゃべりかた。 そのさかなの帽子かぶってないバージョンみたいな感じ
帽子かぶってないさかなくんは見たことないから髪型知らないのでわからないけど
もしや・・・?! 残念なことしたかしら。

でもそのときは混乱していたので彼を先に下ろして外にでた。するとその途端、突然今度は 「・・・ご~べ~・・・」 ・・・耳元でお経のような低ーい声がきこえてきた。
ええっ?! なに~?・・・と耳をすますと、なんとそれはたった今、エレベーターに同乗していた女の人。
・・・メガネをかけたまじめな静かそうな人だと思ったよ?

彼女、同じ方向に少し前を歩いています・・・
暗い歩道を歩きながら、うつむきながら、低い声で、ずう~っとうめくように「あ゛ーえ゛ーがーう゛ー(よくわからない!)」
・・・唱えているのですよ。
きれいに考えてあげれば発声練習?  まさかうちの他のパートメンバー?
・・・だって練習前に発声しといてねと言われてるし、真面目な子多いしね
・・・でも発声にしてはあまりにも不可解・・・。あれはうめきよね・・・。
ちょっとこわいから彼女を抜こうとしました。
なのにそのときでさえ彼女、わたしが真横になってもその声をだすのをまったく弱めないのデス。
「・・・あ゛~え゛~が~う゛~・・・・・・」

おお~。
そのままわたし小走りに離れました~!

      
前にいたメンバーをみつけて追いつき、一緒にうしろを気にしつつ会場への道を急いだのでありました。

あれはなんの訓練ダッタノデショウ・・・

今日は濃い方おふたりに会いました。


2012年2月19日日曜日

ピアノ発表会

昔のかわいい教え子ちゃんのピアノ発表会に招待していただきました。
今回はおかあさまとともにガーシュインのラプソディインブルーの連弾。大トリの出演でした。

おとなになっても母娘でこうやってステージを彩る姿は、ほかの出演者たちの憧れに映ったことでしょう。
曲に対して自分なりのイメージを持って、ひとつひとつの音を大事にする心が伝わり、その演奏がとてもうれしかったです。

彼女をみていたのは20年以上も前なのですが、離れてから今でもずっと慕ってくれています。
今ではすっかりおとなになった彼女。ママとともに旧友のような気持ちです。

聴いていたらわたしもまたなにかピアノを弾きたい気持ちになりました。

                                     
                                         

2012年2月18日土曜日

泉岳寺の松島屋さん

このところすっきりと晴れ渡って気持ちいいデス!
…と今朝もそのままみんなで外に飛び出そうとしたら、いやはや寒いことこの上ない
そんなことよりレオは外に行けるのがうれしくて大きなジャンプで腕に飛び乗ってきます。
・・・が、レオよ、
これから向かうのは公園ではなく…

さて! やってきました、泉岳寺。

ボブによると、ここには東京3大〇〇という冠のつく有名店があるそうで、実は先週トライしようとしたのですがなんとお昼12時には既に売り切れ、また今度・・・という結果をみていたのです。
今朝は万全の体勢を組んで朝の開店時間に合わせてきたわけで、
さあ!インプットしたカーナビどおりに角を曲がると、
えっ…ここでしょうか…?
一瞬にして通り過ぎてしまうほどですが、赤い暖簾のかかった素朴なお店が視界に飛び込みました。
近くのパーキングを探して車を置いて戻ると、もうすでに何人か並んでる。
小さな小さなお店の中ではお店のかたがせっせとあんこを包んでる。
駅近というわけではないのにお客が現れ、その列はとだえることがありません。

そう、ここは和菓子の松島屋さん。
大福餅でたいへん人気のお店なのです。
せっかくなので大福のラインナップをすべてお願いして包んでもらいました。

左より、豆大福、草大福、きび大福、うぐいす餅

豆大福のおまめはとても大きくて、
ほくほくとしたのがた~っぷり!
塩分もばっちり効いているのです。
だからつぶあんの甘さも程よい感じでくどくない。
お豆の味が豊かなので
甘党でないかたもきっときっとお好きと思います!

どれもおいしいけれど
お豆たっぷり豆大福のほかに
きび大福が我が家のお気に入りになりました。

包み紙がこれまたレトロです。
                                                
ずうっと昔から、泉岳寺のお参りに訪れた人々が一息つくのに立ち寄っていたお店なのでしょうね。


東京3大大福、松島屋瑞穂群林堂
さあ、残すは群林堂だね。



2012年2月14日火曜日

2012年2月12日日曜日

ヨーキー・レオの、うち飲み、あな楽しや!

マンションの友hiromiちゃんを招いて、今夜(11日)はうち飲み会をすることに!
ボブは有楽町の遊楽館に出向き、焼酎やらおつまみやら調達に大張り切りです。
テーブルに今おひなさまを並べているので、プレお雛祭りって感じになるかな。


さてさて、いつも優しい笑顔を絶やさない彼女ですが、その飲みっぷりはすばらしく、飲んでもまったく雰囲気は変わらず! 酒豪のボブをもうならせます。

今夜はレオのガールフレンドもいっしょに遊びにきてくれました。ななちゃん、す~っかりくつろいでくれてます。 (美人さんなのにもっといい写真でなくてごめんなさいね。)

話題は次から次へと途切れることなく、気づいたら明日になっていました。
ごきげんな一夜になりました。


 

2012年2月10日金曜日

テーブルウェア・フェスティバル 2012


東京ドームで開催中のテーブルウェアフェスティバルを訪ねました。

黒い薩摩切子ガラスは超レアもの。大絶賛だそうです。


今回鹿児島の美しい器のコーディネートを担当した高校時代の友達、かなちゃん。
その色合わせは絶妙でした。
活躍に立ち会えてうれしいひとときとなりました。

ドーム中に展示されたコーディネートはどれもアイディアと彩りでいっぱい。
もう言葉はいりませぬ。
なにかひとつでもこれらのヒントが我が家に活かせる暮らしをしたいものです。




2012年2月8日水曜日

芸大出身 Le Velvets ル ベルベッツ (ル ヴェルヴェッツ) のコンサート



まさにベルベットのような声の正統派ボーカルグループ、Le  Velvets。

今宵は、バレエの熊川哲也さんや彼らのスタイリングを手がけている中学時代のお友達・妙子ちゃんに誘っていただき、同じく仲良し女子会仲間のはなちゃんとともに美しきメンズに酔ってまいりました!

おかげでとてもゆっくり味わえたいい席の後ろに座ってらしたのは、ピンクのスーツに黄色のポケットチーフお茶の水博士のような髪型のおじさまたち…業界の人よね?
前の列には今回プロデュースされた奥田 瑛二さんと存在感たっぷりなのは湯川れい子さん。ちょっと見えなかったのですがデヴィ夫人もいらしたよう・・・。

それにしてもベルベッツのみなさんは確かにいまどきの韓流スターのようにかっこよかったのです。わたしたちの時代には声楽科にあんな感じの学生っていた??? 

洗練された体型だからこそいっそう映えるのでしょうが、コーディネートもみものでした。トーンは同じであって毎回チェンジするたびに五人個性もたせてしかもどれもシックに仕上げるのって大変でしょうね。その辺の妙子ちゃんのテクニック、さすがです。

さてさて、着こなす彼らもすてきだけど、なんといっても発声や音程の正確さはさすがでした。さすが最高学府でしっかり基礎を勉強してきているだけあります。
いろんな男性コーラスグループがあるけれど、こんなにそろって力強く安定してるのを聞くのは久しぶりで、ハーモニーにしろとことんきちんとしてるから、絶対の安心感もって最後まで聞いていられました。(ただ、聞いていて楽譜を感じてしまうので、それが遊びのなさと感じちゃうときもありましたが・・・。)

巷でなじみのポピュラーナンバーも次々に披露してくれましたが、クラシックにおいて勉強するのはイタリー歌曲、ドイツリート、そしてフランスあたりだから、やはりこのあたりを原語で歌うときがいちばん朗々としていました。自信に満ちていました。
せっかくだからマイクでなく生声できけるコーナーがあるといいなと思いました。

ダンスレッスンもしてるのでしょうね。ジャニーズばりの身のこなしなのはピンポンダッシュの彼や日野くんかしら。
ワインソムリエの彼の声はすてきだし、ギリシャ彫刻の彼は実直そうだし、温泉好きの彼は愛嬌もちだし、・・・みんなそれぞれ魅力的でした。

しいていえば、「涙の太陽」とかは歌わせたくなかったあ・・・でも、やはり商業ベースにのせるためには幅広い趣味のかたに合わせなきゃいけないから仕方ないのかもしれないけれど・・・。 おばさまたちの応援パワーは絶大だものね・・・。
帰りにみた、赤いふちどりのハート型のうちわ(なかにお気に入りの子の名前がかいてある)を持ってるおばさまたちにはぶっとんでしまいました。 「(氷川)キヨシ!」なんてノリなのかしら。

つまり、このコンサートは来ているお客様たちも見ていておもしろかったのです。純粋にクラシックからLe  Velvetsのファンになった人たちと、韓流スターのような感じでLe  Velvetsをみている人たち。

でもそれはこちら側の問題。
まだまだスタートしたばかりのすてきな彼ら、これから一層の飛躍を願いたいと思います。   



※ヨーロッパの本格派4人組、IL DIVO (イルディーヴォ)については
こちら♪ (←クリックください)です。


おいでいただきありがとうございました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
❤ポチリポチリとお願いいたします❤

2012年2月7日火曜日

お台場のおいしいパンケーキ 「bills」!

今日はワンちゃんのお仲間と世界一の朝食にでかけました!



お台場はすてきなところではありますが、これまではそのロケーションを活かしてペットとゆったりできるカフェというのが少なくて残念だったのです。
でも、もう安心。

わんちゃんはテラスはもちろんですが、キャリーに入れれば店内でも同席できるこのゆったりナチュラルな空間。
広い店内は落ち着いたリビングのようなコーナーやカジュアルなテーブル席、さまざまなブースに分かれています。
開店当時はさすがに店の外にいつも人が並ぶほどの賑わいだったのですが、さすがに落ち着いてきたようです。 わんちゃん仲間は今回15人の団体様になってしまったのですが、まんなかに位置する大テーブルをぐるりと囲んでみんな落ち着くことができました。 
場所柄、外国のゲストも多いところなので、15人もぞろぞろ入ってきてわいわいしてるから、まわりのかたたちにはチャイナあたりの観光客と思われちゃったかもネ、ハハハ。

もちろん狙いは、New York Timesなどが「世界一の卵料理」と評価した「オーガニックスクランブルエッグ」(1200円)と、「リコッタパンケーキ」(1400円)。
量が多いとのことで、二人ずつでシェアしていただくことにしました。


リコッタパンケーキはわたしの大好きなリコッタチーズが練りこまれ、バナナが添えられていました。
生地は素材本来のほのかな甘みのみ。
そこに焦がしたはちみつのコーティングされているバターがさりげなくのっています。
足したいかたには別に添えられたメープルシロップをどうぞというスタイルです。
だから自分の好きな味に調節しながらいただくことができますし、パンケーキのふわふわさといったら・・・!
このパンケーキの軽さは、ベルギーを旅したときにいただいたワッフルを思い出させました。 
ブリュッセルのワッフルは四角くてお皿からはみでるくらい大きなものなので、でてくると「無理~!」なんちゃって笑っちゃうくらいなのですが、外がカリッで中はサクッとしたそれは軽やかにおなかのなかに消えていくのです・・・。
・・・が、これもそれそれ! そんな感じ!
たぶんわたしはひとりでペロリといけそうです。(次回はぜったいそうするでしょう)

ドリンクメニューはだいたい600~700円なのですが、いちばん下に「ベイビーチーノ ¥50」とあったのにめざとく反応するわたしたち。
・・・・・・紅茶やコーヒーに添えるための泡立てたミルクのことだって。 な~んだ。
誰ですか? あたしはそれでいいって言ってるヒトは。

わんちゃんもアーバンランチに乗ればラクにお台場入りできるので、はやくテラスでゆっくり一緒にくつろげる季節になってほしいものです。



おいでいただきありがとうございました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
❤ポチリポチリとお願いいたします❤

2012年2月5日日曜日

柴又の絶品ロールケーキ



今日は柴又の帝釈天にお参りに行ってきました。

・・・ってスミマセン、目的はここのロールケーキ。
ふだんからいろんな情報にアンテナはっているボブにより、なんでもテレビや食べログで人気を博しているものがここにあるとの調べがついていたためでございます。

そしてそのブツがこれであります!


       
柴又の「以志ゐ」さん。

なんとそれはお漬物のお店にありました。

帝釈天の参道は、趣を大事にしながら小ぎれいに気持ちよく整備されていますが、そのなかでもこの店舗は築200年の最古の木造店舗です。

東京が江戸とよばれていた文久2年(1862)、呉服店として創業したこのお店は、常連さんにおもてなしとしてお茶菓子やお漬物をお出ししていたそうです。
それが評判になって、戦後は茶店として営業して今に至るとか。
どうしてケーキとお漬物の取り合わせのお店なのか・・・?と不思議でしたが、こういう経緯でなんか納得しました。

さてうちに戻ってナイフをいれたらそのお味は評判どおり。
クリームは堂島ロール。
ケーキの生地は米粉なのでさっくりしています。またその表面がキャラメルで少~し焦がしてあるのでどこかしゃりっとした食感も楽しめる  ・・・・といった感じ。

おいしゅうございました。
                          (・・・・・・どら焼きは甘すぎかな)



2012年2月4日土曜日

WEE BEE’S   ウィービーズ


豊洲のWEE BEE'S は、気楽にのんびり飲みながらお食事できるところとして気に入っているところです。
オープンのときからお店のスタッフのみなさんとなんだか気が合って、ときどきおじゃましては楽しくおいしく過ごさせていただいてます。
ランチどきはまわりの会社の人たちでにぎわっているのでもっぱら夜。レオもすっかりおなじみです。

高い天井に大きなプロペラのシーリングファンがゆっくり回り、オープンキッチンではフォカッチャをカットしたりタルトの仕込みをしている姿が見えます。
夜はジャズがその空間をゆったり流れて、とってもいい感じだと思うなあ。

ワインは白の三番目にのってるシャンタンブランが飲みやすくて好き。
とても独創的なおいしいケーキが常時何種類も用意してくれているので、飲みながら甘いものも楽しめちゃうのがうれしいです。
今夜は、お店の人と歓談していたら、ちょうど話題にしていたわんちゃん仲間と出会って大笑いでした。

こんなスタイリッシュでオトナな場所が豊洲に定着してくれることを願っています。

 ※ WEE BEE'S については、
        このブログ左下のラベル一覧の 「WEE BEE'S」の項目のなかに
   このほかにもエピソードをまとめています



おいでいただきありがとうございました
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
❤ポチリポチリとお願いいたします❤

遠近両用・・・



気持ちはまだまだフレッシュなのですが、寄る年波には勝てず、ついにわたしもひと手間入った眼鏡を用意してもらいました。

近視対応だけでは遠くはよいけれど本や新聞など読みにくい。
メガネをはずすと細かいものは見やすいけれど遠くが見えない。

困ったなあと思いつつかけたりはずしたりしてごまかしていたら、生徒が最近いっしょにそのマネをするのですよ、まったくゥ。客観的にみてあんまり滑稽だったので、シニアグラスを受け入れる決心がつきました。

自然に視線を落とすとローガン対応で、いやあよく見えます~。
ただ遠くを見るときはアゴをひきながら見ないとキンシ部とローガン部の間になっちゃうらしくボケちゃうから、早く見かたに慣れなきゃです。
今回はブラウンとベージュのマーブル模様のフレームを選んでもらいました。
くやしいながら加齢をごまかせなくなってきちゃったけれど、おっしゃれ~なフレームでこんなにラクになるのだから、ボブにももう観念しなさいとオススメしたいと思います。



2012年2月1日水曜日

打ち合わせ

                        by  nancy

有楽町にある無印良品の2階のMeal MUJI。
広く開放的でモダンなその空間は、食事をするにもカフェとしてもちょっと仕事するにも友と語らい合うにもお買い物にも、実にオールマイティな要求にこたえてくれる場所として昔からお気に入りです。
ナチュラル志向の人たちが多いので気取らない安心感もあるしね。

さて、今日はそこでお仕事の打ち合わせでした。(カッコイ~イ)
映像プロデューサーとして多角的に頑張っている友nancyの紹介で、奄美大島の文化遺産を受け継ぎながら現代人に合わせたさまざまなグッズをクリエイトしているtomokoちゃんのネットショップのサポートをすることになったのです。

わたしの仕事は、彼女のお店のメールマガジンに、奄美のさまざまなキーワードから広げたコラムを添えることですって。
このブログのようにメールに毛のはえたような自分の好き勝手の文章だから書くことができて、人様に読んでいただくようなコラムなんて、あまりにも畏れ多くて無理無謀~~~・・・なことなんです。
九州つながりがあるとは言っても、こんなわたしにこんな話を依頼するnancyはほんとにチャレンジャーだなあと思います。 
が、やり手プロデューサーらしく、心に不安や負担がなくなるように自然に誘導して盛り上げてくれるその術中に見事にハマり、これも勉強と引き受けてしまっていたのでした・・・。 助けてね。

・・・でも奄美の良さを広めようと一生懸命がんばってらっしゃるtomokoちゃんなので、わたしのこんなので少しでもお役に立てるのなら少しずつ慣れて応援させていただこうと思いますデス。(うひゃ~言っちゃったわ) よろしくお願いします。
         ショップ名:なつかしゃ奄美  ホームページも近日オープンします。 


打ち合わせのあと、無印のなかのギャラリーに3人で足を運び、ヨーロッパの冬至祭の意味する自然とともに生きる人々の再生への思いを「結ぶ」「つなぐ」ことを具現化させたインスタレーション・アートに遊んできました。
そこを訪れる人によって真っ白なひもと紙が結ばれて構成されてゆくこのアートは期間終了後、奉納されるそうです。